たす研究所

たすがお届けする Laboratory な空間

熱中症について考える

こんにちは、たす( @tasupluslab )がお届けする Laboratory な空間、『たす研究所』へようこそ!

 

暑い日が続くかと思えば大雨だったり皆様体調を崩されたりしていませんか?
ここ数年、夏日・真夏日は当り前で気温がどんどん高くなってきています。そんな夏に気をつけたいのが「熱中症」です。

知っていると思っている熱中症対策をもう一度、私と一緒におさらいしてみましょう。

 

f:id:nearkanta:20190719164649j:plain

 

熱中症について考える

熱中症対策のためには先ず、熱中症とはどういうものなのかを知るのが一番の近道だと考えました。
研究結果をご報告します。

 

熱中症とは

室内、屋外にかかわらず、高温や多湿な環境で体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節ができなくなって起こる状態の総称です。

 

文頭から重要なポイントですね!
イメージ的には屋外、太陽の下でのスポーツや作業が原因だとイメージしてしまいますが、それは大きな間違いです。熱中症は 日陰・室内でも危険です

 

熱中症の原因

人間のカラダは、うまく出来ていて体温が上がっても汗や皮膚温度が上昇することで体温が外へ逃げる様な仕組みとなっているので、体温調節が自然に行われるそうです。

しかし自然に行われるはずの体温調節が正しく機能しない時があります。

熱中症を引き起こすのは下記の3つの条件が考えられています。

  1. 環境
  2. カラダ
  3. 行動

それぞれの主な原因について考えてみましょう。

 

1. 環境

  • 気温が高い
  • 湿度が高い
  • 風が弱い
  • 日差しが強い
  • 閉め切った屋内

f:id:nearkanta:20190719171847j:plain

 

風がなくムシムシして暑い状態ですよね、

考えただけで気分が悪くなります。

 

2. カラダ

  • 高齢者や乳幼児・肥満の方
  • 糖尿病や精神疾患等の持病
  • 低栄養状態
  • 下痢・インフルエンザでの脱水状態
  • 二日酔いや寝不足などの体調不良

f:id:nearkanta:20190719171843j:plain

体力の無い方・持病のある方・体調不良(寝不足)の方は注意しないといけません。

私は数年前まで建築関係の仕事をしていましたので、夏の工事現場では作業員が熱中症になり救急車を呼んだ経験が何度もあります。

意外な事に、熱中症になるのは20代前半の若い人が多かったです。

後日、本人の話を聞いてみると前日に遅い時間までお酒を飲んでいて寝不足の上、二日酔いという状態で炎天下の作業であっという間に具合が悪くなった場合がほとんどでした。若くて体力のある人ほど、自分には関係ない事だと考えてしまう傾向にあると思います。自分の体力を過信しているということでしょうね。
 

3. 行動

  • 激しい筋肉運動や慣れない運動
  • 長時間の屋外作業
  • 水分補給出来ない状況

f:id:nearkanta:20190719171852j:plain

暑いというだけで、既にかなりの体力を消耗していると考えることが大切なのでしょうか。体力があるから、または暑いのは苦にならないから自分は 大丈夫 だとは思わないで注意することが大切ですよ。

 

これらの3つの条件より

「環境」「カラダ」「行動」3つの条件までは理解していただけましたか?

これらの3つの条件が組み合わさることで、カラダのバランスが崩れてしまい、体温調整が正しく出来なくなることで、熱中症になってしまう可能性があるんです。

だから、誰が熱中症になっても不思議ではないんですよ!

 

熱中症予防

では次に熱中症を予防するにはどうしたらいいのか考えていきましょう。

暑さを避けるために

室内では、
  • 扇風機やエアコンで温度を調節
  • 遮光カーテン、すだれを利用
  • 室温をこまめに確認
外出時には、
  • 天気のいい日の日中に外出することを出来るだけ控える
  • 日傘・帽子を使用
  • 日陰の利用
  • こまめな休憩
カラダに熱がたまるのを避けるために
  • 通気性がよく、吸湿性・速乾性のある服装
  • 保冷剤・氷・冷たいタオル等で、カラダを冷やす

こまめに水分補給をする

室内・屋外に関わらず喉の渇きを感じていなくても、こまめに水分補給をしてください。また、汗をたくさんかいた場合には、経口補水液などで塩分等も一緒に補給する必要もあります。

スポーツドリンク等は様々なメーカーより販売されていますが、糖分がたくさん含まれている商品もありますので注意が必要です。

また塩分補給のために「熱中飴」といった商品もあります。

 

熱中症対策

ここまで予防をしていても熱中症は襲ってくるかもしれません。熱中症になってしまった場合はどうすればいいのかも覚えておいてください。

 

症状

あれ? おかしいな? 

と思った時に下記の症状があったら熱中症かもしれませんよ。

  • めまい・立ちくらみ・手足のしびれ・筋肉のこむら返り・気分が悪い
  • 頭痛・吐き気・嘔吐・虚脱感等々いつもと様子が違う
  • 返事がおかしい・意識消失・けいれん・カラダが熱い
  • 自分で水分補給が出来ない

 

応急処置

応急処置で大切なポイントは下記の3つです。

  • 涼しい場所へ移動する
  • 衣服を脱がし、カラダを冷やして体温を下げる
  • 塩分や水分を補給する
    (嘔吐の症状が出ていたり意識がない時は水分が気道に入る危険性があるので、無理をして飲ませないほうがいいそうです。)

 

熱中症かなと思ったら

熱中症は生命に関わる可能性もある症状です。

応急処置は今よりも症状の悪化を防ぐためのものです。

救急車を呼ぶか、すぐに医療機関に相談してください。

 

熱中症対策まとめ

  1. シーズンを通して暑さに負けないカラダづくり
  2. 暑さに対する工夫をする
  3. 暑さからカラダを守るアクション

 

最後にもう一度

熱中症になるのは日差しのきつい屋外のみではありません。

日陰でも、屋内でも熱中症になる可能性はありますので注意をするように心がけてください。

また、暑さの感じ方には個人差がありますので、他の人が大丈夫だから自分も大丈夫だと思うことは大間違いです。

 

最近は「 日傘男子 」という言葉もあるらしいですね。

熱中症対策として日傘を使う男性も増えているからでしょう

 

あなたの暑さ対策、熱中症対策は万全ですか?